--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.11.26 20:26

DSC00887.jpg

特制莴苣炒饭和特制豆腐汤!!
当当~~卖相比CTKT的好吧~(自夸一下)
不过没放朝天椒
看起来还是很不错的哦~
吃起来当然也不错,生菜和炒饭出乎意料地配
不过洋葱汤还是很恐怖
所以自做主张地换成了更营养健康的白菜豆腐汤
味道真的很不错哟,大家都试试吧

KTF大概能卖35万左右
还是很不错的
希望能拿到月冠吧
多亏了日本饭啊
不过现在还没收到东西,泪T T
当然DVD已经看过了
截了龙也飞吻的一小段

9639272368549542
TO整场已经刻盘的人
这段可以放在电脑里随时HC哦
喜欢的人拿走吧~

下面存个职业拳击手的资料简介
因为没时间也没能力翻译= =
所以先存下来再说了

プロボクサー


プロボクサー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
プロボクサーとは、プロライセンスを所持し、試合をすることによってファイトマネーを得るボクサー(ボクシングの選手)のこと。


[編集] ライセンス(日本)
プロボクサーとしてのライセンスは、日本においてはJBCが実施するプロテストに合格することによって交付される「ボクサーライセンス」がこれにあたる。プロテストは、筆記と実技によって行われる。筆記は主に規則に関する平易な問題で構成されたペーパーテスト、実技は受験者同士の2分2R程度のスパーリング形式(ヘッドギア着用)で行われ、ワン・ツーを基本とする攻撃や、ガードを中心とする守備の技能が備わっているかを審査する。このうち実技審査のスパーリングは、あくまで技能の完成度を見るものであるため、対戦中に不利であったからといってかならずしも不合格であるとは限らない。逆に、片方の技能水準が余りにも低すぎて開始早々にノックアウトされてしまったような場合、もう片方の技能水準が本来の及第レベルに達していなくても合格するケースもある。

プロテストの合格率は、絶対評価で合否が決定されるため試験日によってまちまちであるが、平均すると概ね60%を超える水準にある。しかし2006年頃から審査がやや厳格となり、東京地区・関西地区では1回の試験における合格率が30%強にとどまるケースも珍しくなくなっては来ている。逆に、地方都市で行われるプロテストは、地方興行における選手人材確保の観点などから合格率が比較的高い傾向にある。また、不合格者も3ヵ月後に再受験が可能なため、再受験合格組を加えると、実質合格率は更に跳ね上がる。これらの条件を総合すると、ライセンス試験制度が整備されている日本のプロスポーツの中では相当の“広き門”と言えるだろう。

ただし、各ジムは練習生にプロテストを受験させるまでに相当厳しい淘汰を実行しており、入門した練習生がプロテストの受験を許されるまで、短くて数ヶ月、通常は1年前後の“修行期間”を経るのがもっぱらである。この修行期間中は週6日程度のジムワークをこなし、その上でロードワーク(長距離のランニング)やマシントレーニング等の自主トレも積んで基礎体力の向上に努めなければプロテストの合格は覚束ない。もちろん、この修行期間中で多くの練習生が脱落し、プロへの道を断念することになる。よって、前述のテスト高合格率が、ボクシングジムの門を叩いたプロ志望者の30%強ないし60%強がプロになれるという事を意味するものではない。しかもそのような修行期間を経てライセンスを取得しても、体力面の事情でジム側から「プロの試合出場は危険」としてデビューを許可されない“ペーパープロボクサー”も相当数存在する。だが、しかしながら、前述のようにプロテストの及第レベルに達していない選手でもライセンス取得が叶ってしまうケースが存在し、そのような選手にもプロデビューを許可するジムオーナーやトレーナーも少なからず居るため、一部の新人ボクサーの中には能力水準が極めて低い選手が存在するのもまた事実である。 プロテストの受験資格は、17歳以上33歳未満で、視力が左右ともに裸眼で0.5以上であること、コミッションドクターによるCTスキャンやB型肝炎チェック等の健康診断をクリアすることなどである。2007年より受験資格年齢の上限が引き上げられたが、30代の受験生は頭部などのより厳重な健康診断を受けることが義務付けられている。

プロテストに合格すると、原則的にC級のライセンスが交付され、4回戦(4ラウンド制の試合)に出場することが可能となる。例外として、アマチュアで5勝以上を挙げた選手は書類審査の上でプロテストを免除されC級ライセンスの取得が可能であり、また、アマチュアで一定以上の実績のある選手は、デビュー時からB級ライセンスを取得することも可能で、その場合はプロデビュー戦から6回戦(6ラウンド制の試合)から出場することができる。 C級ボクサーが4回戦で4勝(但し、引分を0.5勝に換算してよい)挙げるとB級ライセンスへ、B級ボクサーが6回戦で2勝(やはり引分は0.5勝に換算可)すると、A級ライセンスへと切り替えることができる。なお、A級ライセンスのボクサーは、8回戦以上(8ラウンド、10ラウンド、12ラウンド制)の試合に出場することができる。

ライセンスは有効期限1年で、毎年1月に事実上自動的に更新される。プロボクサーはライセンス更新にあたって最近1ヶ月以内の健康診断書提出が義務付けられており、この健康診断で重篤な疾病が発覚した場合はライセンスが更新されないことがある。また、セミリタイヤ状態にあった選手が長期ブランクから復帰する場合はプロテストの再受験を課せられるケースもある。日本におけるプロボクサーの年齢制限は原則的に36歳で、37歳になると自動的にライセンスは失効する。ただし、現役のチャンピオンは王座から陥落するまで、また、トーナメント戦に出場している者はそのトーナメントで優勝・敗退するまでライセンスの失効は猶予される。

また、ライセンスの有効期限内であっても、網膜剥離など重度の眼疾が発見された場合、脳疾患の発覚および開頭手術を伴う外科手術を受けた場合、B型肝炎等の血液を介して感染する可能性のある疾病の罹患が発覚した場合など、健康上重大な問題が発覚した場合はJBCから引退勧告の対象となり、現役続行が事実上不可能となる。(ただし、網膜剥離の完治者については、この眼疾を克服した辰吉丈一郎が強く復帰を望んだ結果、厳重な医療診断の上で、世界タイトルマッチまたはこれに準じる試合のみ国内での試合出場が可能となった)

なお現在は、WBA、WBC認定の世界王者、OPBF認定の東洋太平洋王者、あるいは日本王者となったキャリアを持つ者、WBA、WBC認定の世界タイトル挑戦経験者、そして現役の世界ランカー(WBA、WBCの15位以内)に限り、37歳を過ぎても試合に出場することが可能である。ただし、この特例の申請はその選手の最終試合から5年以内とし、JBCによる審査とコミッションドクターによる特別診断をパスすることが条件となる。身体に異常が見つかった場合は勿論、直前の試合内容に年齢的・肉体的な衰えが顕著であった場合などはJBCより引退勧告が出され、以後は特例の認可はされなくなる。
スポンサーサイト

| マイ☆気持ち | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

プロテストの受験資格は……視力が左右ともに裸眼で0.5以上であること
-------------------------
==+!!这么说竜也不够资格吗??
那我会BLX死的~~~~

| 銀票 | URL | 2007.11.26 21:52 |

啊啊啊啊,我也想吃啊
哪天我也去做下看看。。。哈哈哈

| owenmin | URL | 2007.11.27 00:36 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。